出会い系サイトPCMAXでおっさんでも若い女性と出会いやるには!

PCMAX即ヤリ PCMAX

出会い系サイトPCMAXは若い女性も多く、同世代の男性を探している女性ばかりではありません。

おっさん世代が好きな若い女性も多いです。

こういう女性を見つけて、出会い系サイトPCMAXでおっさんでも若い女性と出会うにはどうしたら良いでしょうか?



 

出会い系サイトPCMAXでおっさんでも若い女性と出会うには?

PCMAXでおっさん世代が好きな若い女性を見つける

PCMAXには「相性のいい人検索」という独自の機能があります。

この相性のいい人検索という機能は、「あなたのようなタイプの男性との出会いを探している1回り年下の若い女性会員を自動的に探し出して、あなたに無料で教えてくれる」というものです。

「あなたを探しているユーザー一覧」表示されている通り、あなたのようなタイプの男性との出会いを探している女性会員だけを一覧にして教えてくれるのが、PCMAXの相性のいい人検索の特徴です。

もちろん、「あなたを探しているユーザー一覧」を見てもPCMAXのポイントを減らすことはありません。

ですから、PCMAXの相性のいい人検索が、あなたのようなタイプの男性との出会いを探している女性会員を一覧にして教えてくれますから、その中から、あなたの好みに合う1回り年下の若い女性を選べばいいのです。

もし、PCMAXの「相性のいい人検索」を使っても、相性のあう若い女性が見つからなくても、不安になる必要はありません。


PCMAXの会員数は1年間で100万人以上増えています。

1日当たり3000人弱の計算です。

何日か待って、もう一度「相性のいい人検索」の結果を見ればいいです。

必ず、あなたと相性の合う若い女性が見つかります。

また、40代の男性は何かと忙しいですから、さっと「相性のいい人検索」のチェックをするだけで済むのは、とても便利です。

これだけで、若い女性と出会えるのですから、PCMAXに無料会員登録と年齢確認だけでもしておく価値が充分あります。

おっさんが若い女性と出会いたいなら、「相性のいい人検索」を使えるPCMAXで出会い探しをするのが最も効率がよいのです。

とても便利な「相性のいい人検索」ですが、この「相性のいい人検索」は、女性会員が「望む相手」に設定した「出会いたい男性の条件」に基いています。

女性会員が決めた条件にはまった男性会員がいた場合、「あなたの『望む相手』に当てはまる男性会員は、この人です。」と教えてくれるようになっています。

そして、選ばれた側の男性会員に対しても、「この女性があなたのような男性と出会いたいと思っています。」と「あなたを探しているユーザー一覧」を表示しています。

この中から、年齢、ルックスなど、あなたが出会いたい若い女の子だけを選んでアプローチすることができます。

この「相性のいい人検索」の一覧の中から、若い女の子を選んでサイト内メールを送るのが最も効果的です。

「相性のいい人検索」は通常のプロフィール検索とは違って、あなたのようなタイプの男性と、出会いたがっている女性会員を見つけ出してくれます。

ですから、あなたのプロフィールをしっかり書いておくべきなのです。


おっさんでも若い女性と出会えるためのプロフィール

PCMAXのプロフィール

PCMAXのプロフィールは
年齢
職業
地域
身長
体型
血液型
星座
利用目的
活動エリア(市区町村)
車所有
喫煙
ヒマな時間帯
婚歴/彼女有無
エッチ度
求める出会い(掲示板Liteの設定)
という各項目と自己PRでできています。

各項目を漏れなく、しっかり埋めます。


自己PRが大きなウェートを占める

 

あなたが若い女性と出会いたいばかりに、「年齢の割に若く見られます。」的なことを自己PRに書くのは、逆効果になります。

年上の男性との出会いを探している、若い女性会員に向けるのですから、若く見られる必要がないのです。

あなたが探しているのは、「同年代の若い男性は物足りない。」と感じている若い女性たちです。

そういった若い男性では物足りないからこそ、PCMAXに会員登録して年上の男性との出会いを探している女性なのです。

若い男性では物足りないと感じている女性にPRすることは若さではないのです。

ですから、プロフィールの自己PRに書くべきなのは、若い男性に欠けてして年上の男性にはあるもの。

仕事での経験や実績や成果です。

 

あなたがしてきた仕事の経験、実績、成果を謙虚な感じで自己PRに書くのです。

これは、若い女性にとって、ものすごく頼りになります。

このように、年上の男性との出会いを探している若い女性は、若い男性にはないものを求めています。

持ち合わせている経験を前面に押し出した自己PRを書きましょう。


「望む相手」の年齢層を書いてはいけない

PCMAXのプロフィールでは「望む相手」という項目に、あなたが出会いたい女性の年齢を設定できるようになっています。

しかし、自己PRに「20歳~25歳の女性の方」とか、「30歳~35歳の女性の方」と相手の年齢層を書いてはいけません。

あからさまに若い女性だけを狙っていると思われ、反感を買うだけです。

 

「気になるお店があるのですが、若い女性客で多いお店だから、一緒に行ってくれるような女性を探しています」と匂わせておくぐらいにします。



おっさんでも若い女性と出会える自己PRの書き方

PCMAXのプロフィールで自己PRを書くときには、内容ももちろん大切ですが、さらに読みやすく、分かりやすい自己PRであることも重要です。

おじさん世代は相手にわかってもらおうとしがちです。

長文のラインやメールなどは典型的です。

女性は視覚的に物事を見ますので、パッと見た分が長文だったり、ごちゃごちゃと読みにくいと、それだけで読まれません。

若い女性は、あなたの自己PRを読むのを止めて、他の男性のプロフィールを見に行ってしまいます。

文と文の間に改行を入れて、読みやすい自己PRにしたり、1つ1つの文を短くして分かりやすい自己PRを書いておくべきです。

自己PRを読んでくれる女性の立場になって、読みやすさも考えた自己PRを書きたいものです。

 

こうして読みやすい自己PR、分かりやすい自己PRを準備しておくことが大切です。


おっさんでも若い女性と出会えるための日記の書き方

 

PCMAXのプロフィールでは、自己PRとして500文字まで自由に書けるようになっています。

あなたの事を充分にPRするには、500文字は意外に少ない文字数なのです。

この文字数で、若い女性に安心感を与えて、メールでのやり取りを始めたり、LINEのIDを交換してもらったり、2人で会ったりしてもらうのは、なかなか難しい場合もあるかもしれません。

そこで、PCMAXの自己PRでは不足してしまう分を「日記」で補います。

日記は、あなたが趣味にしているものの写真を載せたり、食べ物の写真を載せます。



あなたの普段の生活を相手の女性に見せて、相手の女性に安心できる材料を増やすのが目的です。

女性には視覚的な訴えがよく伝わるのです。

相手の女性も単に文章が書いてあるよりも、より強く興味を引き付けることができます。

女性は男性と一緒に何かをすることに興味がわきます。

「私も一緒に楽しめそう」と思わせるような、趣味や食べ物がより効果的なのです。

若い女性も一緒に楽しめると言えば、映画や音楽や料理あたりがデフォルト。

女性が、あなたと一緒に映画を見たり、一緒に好きなものを食べる姿を想像してくれれば、成功です。

PCMAXの自己PRでは書ききれない、あなたの普段を、日記で相手の女性に伝えることで、安心してもらえる材料をより多く用意しておくことです。

 

PCMAXの、他の出会い系サイトにはないうれしい機能

PCMAXには、他の出会い系サイトにはないうれしい機能があります。

年上の男性との出会いを探している若い女性を見つけ出してくれるようになっています。

年下の若い女性と出会いたい男性は、PCMAXの独自の機能を使うべき。

年上の男性との出会いを探している若い女性だけを探し出してもらって、その中から好みの女性を選ぶようにすると、圧倒的に出会いやすくなります。

年上の男性との出会いを探している若い女性とより出会いやすくなる使い方を確認して、しっかり準備しておきましょう。

 

出会い系サイトPCMAXでおっさんでも若い女性と出会うには?:まとめ

PCMAX(ピーシーマックス)には1500万人以上の会員がいますから、
40代男性のように1回り以上年上の男性との出会いを探している若い女性もたくさんいます。

PCMAXだけが備えている相性のいい人検索という機能は、
あなたのようなタイプの男性との出会いを探している若い女性だけを自動的に探し出してくれるのですから使わないのはあまりにももったいないことです。

あわせて読みたい

日常での出会いと比べて、出会いのチャンスが大きくなるのが、ネットを利用しての出会い方の大きなメリットです。

本当に女性と出会ってやりたいのならば優良な人気出会い系サイトであるPCMAXを積極的に利用すべきでしょう。

女性はあなたが思ってるような普通の女性像ばかりではありません。

「女にも性欲はあるのよ…。」心の奥底ではこんなことを考えています。

本心では自分を求めてくれる男性を求めてます。

あなたが出会いたいと思う女性をPCMAXで探してみましょう。

そうすればあなたの理想の女性がきっと現れることでしょう。


タイトルとURLをコピーしました